« Maniacs | トップページ | Hunger »

ひもじい思い

English 

今日、日本でひもじい思いをしている人はそういないだろう。みずから課したというのでなければ。わたしたちにとって「飢餓」というのは、究極の状態で犬や虫を食べたという話を祖父母の代から聞かされるくらいだ。(昆虫は地方によっては郷土料理となっているところもあるかもしれないが。あるときテレビ番組で、昆虫料理は長野の立派な食文化であると熱心に説き、この文化が次第に失われていくことを嘆いている人がいた。)

そのため、カンボジアでひもじい思いをしている人々と出会ったのは、わたしとって非常に考えさせられる経験だった。日本語で「ハングリー」というと「ハングリー精神」のほうの意味もあるが、わたしがこの短い旅で出会ったカンボジアの人々はどちらの意味でもハングリーだった。

国に壊滅的な打撃を与えた内戦もそう古い記憶とはなっていないのに、カンボジアは奇跡的な復興を遂げた。まだ国の大半は荒野だとしても。空港は近代的で立派な建物だったが、市街地に向かう途中、伝統的な建て方なのか、わらと枝でつくった掘立小屋に住んでいる人々を見かけた。この国には権力者と困窮している人々の間に大きな格差があるのかもしれないが、しかしこの旅行で見たかぎり、勤勉で不屈の向上心をもつカンボジアの人々がその地位に長くとどまっているとは思えない。

地雷の被害者たちは、寺院の敷地で見事な伝統音楽を奏でる。近くには「憐れみは欲しくないので楽器を演奏します。私たちの音楽が気に入ったらお金を置いていってください」と書かれた紙が置いてあった。ホテルでは伝統舞踊と料理の夕べが開かれている。観光客の前で踊る青年たちは、あきらかにこの「伝統舞踊」を習いたてのようだったが、あと一年もすれば立派な踊り手になっていることだろう。あるとき朝食の席で、ウェイターがにかっとわたしたちに笑いかけ、しゃべり始めた。注文を取ってからもずっと英会話の練習をしているので、わたしはフェリーの時間に間に合うかどうか不安になったが。それから、ガイドさんはそのうち日本語のクラスに通いたいと教えてくれた。日本語のガイドのほうが英語のガイドよりもずっと稼ぎがいいそうだ。英語がうまくなることや日本語が話せることは、この国では大きな収入アップに直結している。大きな収入アップはワンランク上の生活を意味する。少なくとも、飢餓のない生活を。

このガイド、パンさんと出会えたのは幸運なことだった。彼と話す中で、貧窮にあえぐカンボジアで生まれ育った彼の人生がどのようなものだったのかを少しでも垣間見ることができた。街中で犬や猫を見かけることがなかったため、ようやく一匹見つけた時に、わたしは思わず「犬!」と無意味に叫んでしまった。するとパンさんはすかさず、「犬が好きならいいレストラン知ってますよ」と教えてくれた。気まずい一瞬の後、わたしたちはたがいに間違いを悟った。また、わたしが石像を本物の猿だと勘違いしたときには、猿をつかまえて食べたものだが手だけは食べなかったという話をしてくれた。人間の手に似すぎているからだという。

カンボジアの人々はハングリーで「ハングリー」だった。旅の終わりには、掘立小屋からあの空港へと彼らが行きついた理由がわかったような気がした。いつか、パンさんも日本人観光客を相手にガイドとしてトップレベルの収入が稼げるようになればいいと思う。ひもじい思いをしなくなっても、彼なら空虚な思いにとりつかれることはないだろう。それは次の世代の話だ。

English 

|
|

« Maniacs | トップページ | Hunger »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549761/46956296

この記事へのトラックバック一覧です: ひもじい思い:

« Maniacs | トップページ | Hunger »