« 2011年6月 | トップページ

2013年3月

Insecure and Dysfunctional. Well, who isn't?

日本語 

Why are we so insecure? I do apologise if you're baffled by this presumptuous assumption, but we do seem to be beset with insecurities of all sorts (I'm keeping the royal 'we' to show solidarity with my fellow wimps of the world).

Am ugly. Am so stupid. Am such a fraud. Why is my career still non-existent? How could I possibly support myself and live to be happily-or-otherwise retired in my old age like normal people do? No one can possibly love me, and if they say they do, they don't really know me, they're only projecting what they want - the imagined me (all wonderful) - on this person - the real me (not wonderful), etc.

It's a wonder we can function as socially-responsible adults at all, when we're so tormented inside.

But that's just it. We do keep on living day by day, doing daily chores, pretending everything is chipper when all we want to do is just crawl up in bed and pretend that the world doesn't exist.

Isn't that amazing in itself? Aren't we tough as boots, though our confidence level might hit the bottom of the Mariana Trench?

Some psychologists tell you that unconditional approval from parents (esp. mothers) in childhood is essential in nurturing healthy self-confidence, and without that, we could be one hell of a nervous wreck of psychologically dysfunctional junks. Or something like that.

But aren't we all desperate for that approval, no matter what sort of childhood/parents we've had?

Isn't life about finding that place, one tiny little corner for yourself in this wide world, where you can feel safe, accepted, and wanted?

And I think we carve out that spot for ourselves by finding someone we could spend our life with, for one thing, and establishing ourselves in society by somehow building up this cantankerous thing called career, for another.

Seal of approval for our existence isn't some magical treasure that we missed in our childhood.

We're all lost, all so lonely and insecure, desperately longing to be accepted. And that's quite normal. Life's like that, because our life's journey is to find our way home.

So, chin up, us, we will get home one day.

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

生まれてきちまった悲しみに

English

先日姪と『オズ はじまりのたたかい』を観てきたので、久しぶりに。

偉大な人間になりたいと思いつつ、自分はペテン師だと思っている男の物語。

どうして人はそれほどまで自分に自信がもてないんだろう。

自信はあっても、現実の自分の姿が邪魔する。小さい頃母親から絶対的な無条件の愛情を注いでもらえなかった。日頃の行いが悪すぎる……。


理由はいろいろだろうけど、自分の価値なんて、基本、人が教えてくれるものだと思う。誰も同意してくれないけれども私はすごい、なんて思える人はかなりおめでたい。


本当はひとりひとりがかけがえのない命で(何しろ同じ人間はひとりとしていないので)、生まれてきたというだけで奇跡なのだけれども、でも存在してるだけですばらしい、なんて言われても本人は納得がいかない。何か理由づけが欲しい。ひとりひとりが特別なんだよ、誰だってほんとはオンリーワン、じゃ、みんな問答無用に特別というわけで、じゃ、この私という人間には別に意味はないんじゃ、ということになってしまう。


そこで、ほかの人たちはどうでもいいけど、あなたは私にとって唯一無二の特別な存在なの、と言ってくれる人がいると、迷えるちっぽけなエゴもようやく居場所が見つかった気になれる。


そんなものなのじゃないだろうか。自信なんてなくって当たり前のものなのでは。だから、自分の価値を信じてくれる人の言葉は素直に聞いておいた方がいい。それを信じないのは甘えすぎ。自信のなさ、人生に戸惑っている不安なんて、人に丸投げできるものじゃない。


きっと、誰だってこの広い世界の中でどうにか生きていける小さな自分用のスペース(多分六畳一間くらい)を見つけようとしているんじゃないだろうか。それは、公私で見つけていくものだと思う(仕事の上で自分の地位を確立していくことと、プライベートで人生をともにする人を見つけること)。


でも、あなたはここにいていいんだよ、って誰にも言ってもらえないこともある。自分で自分に言うしかないこともある。


そういう時には、縁あって知り合った者としてひとこと言いたい。

誰が何と言おうと、あんたはえらい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2011年6月 | トップページ